女性が起業しやすい業種とは?

女性が起業しやすい業種とは?

「好きなことを仕事にしたい」、「子育てしながら特技を生かしてお金を稼ぎたい」、女性が起業したい理由はさまざまありますが、女性が起業する場合、どのような業種が向いているのでしょうか? 女性であることがメリットになる業種はあるのでしょうか? ここでは、そんな女性が起業しやすい業種について紹介します。

起業する上で意識すべきこと


起業とは自分で事業を始めること。仕事のオーナーになることです。誰かに与えられた仕事ではないので、やり方にマニュアルはありません。失敗しないためには、まずどのようなことを考えればいいでしょうか?

きっかけづくり

企業風に言うと「創業理念」です。そんな大げさなものでなくても「菓子作りの腕を活かしてカフェを開きたい」、「雑貨が好きだからショップを持ちたい」、または「家で仕事して収入が欲しい」でも構いません。何を目標に起業するかを自覚することが重要です。目標がしっかりしていないと、困難に出会ったときにブレてしまったり、簡単にあきらめたりしてしまいます。

トレンドを調べる

起業する前に「自分の仕事が誰かに買ってもらえるか」、客観的にチェックします。トレンド(流行や時代の傾向など)を調べ、事業が成功する可能性はあるか、成功するためにはどのような工夫やアプローチをしたらいいのか考えます。

お金のことを考える

もちろんきちんとお金のことを考えなければ、事業はできません。

  • 初期費用(事業を始めるまでにかかる費用)
  • 固定費(家賃、人件費など、売り上げが無くとも必ず出て行く費用)
  • ランニングコスト(原材料費や通信費・運賃など、事業を続けるために欠かせない費用)

など、事業をする上で経理の知識を持つことは欠かせません。

在宅でできる起業しやすい業種


家事や子育てで家を離れにくい女性に人気の在宅ワーク。プロとして働いた実績や専門技術、トレンドを見る能力があると特に有利な業種です。

  • 在宅ライター  
  • Webデザイナー
  • 投資やFX 
  • ネットショップ(ネットオークション) など

パソコンや一定の周辺設備があれば、初期費用も少なく女性にもはじめやすい業種ですが、事業レベルで継続的に収入を確保するには、顧客開拓などの努力も欠かせません。

資格を生かして起業しやすい業種


資格(国家資格)を持っている人は、比較的容易に起業しやすいでしょう。資格に対しての信用度が高く、個人で起業しているケースも多い業種です。

  • 医療系(鍼灸マッサージ、柔整、理学療法士など)
  • 司法書士
  • 税理士
  • 美容室
  • 中小企業診断士 など

事務所または店舗の開設、顧客を得るための告知(広告)など、ある程度まとまった初期費用がかかるので、起業するための資金が必要です。

お店を構えて起業しやすい業種


女性らしいセンスや感覚を活かした起業がしやすい業種には、輸入下着の販売などのようなものがあげられ、女性ならではのお店もあります。お店で物品や飲食を提供するだけでなく、勉強会やセミナーを開いてお金を稼ぐ方法も。仕事の内容によっては自宅開業も可能な業種です。

  • ネイルサロン
  • フラワーアレンジメント(販売、教室)
  • 料理、アート、クラフトなどの教室
  • ヨガ、ピラティスなどエクササイズ系スタジオ
  • カフェ、飲食店 など

好きなことを仕事にできるので女性の起業としては人気です。それだけに参入する人も多いので、ほかとは差別化した、充実した内容が求められます。

このように女性が起業しやすい業種は、幅広くあります。チャレンジしたいと思っている人は、必要以上に起業を難しく考えず、これまでの経験が活かせるような業種から起業を考えてみてはいかがでしょうか。

スペース特集

  • お手軽なレンタルスペースが満載!
    少人数の方にオススメ!
  • 大人数で利用できて、社内研修やセミナー、懇親会に最適です!
  • 1時間1,000円以下で借りられる、
    会議室の特集です!
  • 月極でスペースやオフィスを借りたい方へ向けた特集です!
    お問合せは0120-388-172(レンタルオフィス窓口)まで
  • ダンスやヨガに最適なレンタルスタジオを集めました。

全ての特集を見る